2014年02月09日

サラ金を生んだ背景は、悪どい資本主義

Sarakin means consumer finance but it's actually Japan's equivalent of the loan shark.

サラ金は、実質的に悪徳高利貸しの日本版です



It has become a grave social problem because of suicides,murders,bank robberies,burglaries
caused by people burdened with consumer loans.

消費者ローンに苦しむ人たちによる自殺、殺人、銀行強盗、泥棒などが重大な社会問題になっているのです



何処かの自公推薦の都知事選候補者のように、借金を政党助成金で返済して知らぬ顔が出来れば良いのですが・・。
余りマキゾエになりたくありませんね。




やり方を教えて


Will you please tell me how to get out of nuclear energy?

脱原発のやり方を教えてください



D0 you mind taking me out to Tokyo gubernatorial election?

都知事選に連れて行ってもらえませんか



私達は、原発廃止に向けて何が出来るのでしょうか?
もし何もしなければ、原発はどんどん作られ、やがてまた大きな惨禍を招くことになるでしょう。
少なくとも絶対に大丈夫だなんて誰も保証できません。
まして、廃棄物の処理すらおぼつかないのですから・・。


ともかく今できることは、原発廃止を唱えることです。
原発廃止を唱えている人を応援することです。
都知事選は、他人事ではないのです。


posted by yasuucare at 07:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 英会話レッスン 上達の秘訣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月16日

英語習得までの時間

英語を習得するまでに、どのくらいの時間がかかるのでしょうか?


勿論レベル差はあると思いますが、ある程度の話が出来るぐらいとなれば、やはりそれなりの時間が必要になります。


例えば赤ん坊から、ある程度の英語話が出来るまでとすれば小学校に入る手前までの期間は必要です。
となれば、6,7年でしょうか・・。
生まれてから1年ぐらいは、あまりあてになる期間ではありまえんね。


6年として、仮に1日5時間程度は言葉に接していると仮定すれば
5時間×365日×6年=11000時間


私達が、英会話スクールに通うとしても、費用の関係もあるのでせいぜい週に2時間程度だと思います。
比較してみれば、とてもおぼつかないことだけはハッキリしているということになりますね。


つまり、余程根をつめた英語勉強で無ければ役立たないわけだと気づくのです。


やはり、英語は独学で必死にやるしかないのかなと思いますね。

そのために分かりやすい秘密兵器があれば言うことはないわけです。
できいれば、楽をして覚えたい。
少しでも合理的に覚えていきたい、というのは万人の願いでもあるのです。
↓ ↓ ↓
無料!「英文・英単語がたった10分であきれるほど覚えられる方法」

英語を話したい方、TOEIC650点以上取りたい方に。たった10分の訓練で

英文・英単語をザクザク覚えられる方法があります。先着100名様無料です。

今すぐクリック⇒ 特集ページ

ラベル:英語習得
posted by yasuucare at 12:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 英会話レッスン 上達の秘訣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月18日

英会話レッスン 上達の秘訣

英会話レッスンで上達の秘訣は何でしょう?


物おじしないで恥ずかしがらずにどんどん話すこと!なんてよく言われます。
確かに、英語を話す環境に身を晒さないと上達はオボツキません。
しかし、2歳や3歳の子が片言で話すのとはわけが違います。


つまり、いくら初心者だからといってもまるっきり何も知らないというのでは先に進みません。
少なくとも片言が言えなくてはならないのです。
そこに文法など必要ありません。


あなたは普段しゃべる時に、主語、述語、形容詞、副詞なんて考えて話すことは無いでしょう。
昔のご亭主は、「おい、こら」で話が通じたようです。
今でも「新聞、メシ・・」何てご家庭があるかもしれません。


つまり以心伝心では無いのですが、最低の単語があれば通用するのです。
ということは、最低の単語の数は覚えなければなりません。


この場合の単語を知っているということは、単語帳で勉強して試験に出れば何とか書けるということではありません。
知っていると使えるとは別問題です。


即ち、口からすらすら出てくる単語が日常会話の言葉なのです。
スラスラ出てくる単語の数を増やしましょう。


その為には、色々と考えておかなければなりません。
あれはどういうのだろうとか、これはどうという想像が大切です。


もし想像に欠けるのなら、自分のこと、家のこと、学校のこと、会社のこと、日本のこと、歴史や綺麗な場所や祭りなど何でもいいのです。
それを誰かに話すためにどんな言葉が必要でしょうか・・。


そう考えれば、分からない言葉を少なくともいくらかは探して覚えておかなければなりません。
その先が、片言なのです。


想像を豊かにして、片言を覚えていきましょう!


1分間 英単語再び
posted by yasuucare at 08:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 英会話レッスン 上達の秘訣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。